グルメ・クッキング

2017年7月13日 (木)

なんとなく調べてたら偶然見つかったコレについて語るときに僕の語ること

屋外で紫外線を浴びたときにできるだけ肌のダメージを抑える方法は3つ。1.日焼けした場所を冷却する2.たっぷりとローションをパッティングして保湿する3.シミ予防のためにも剥がれてきた皮をむいては絶対に駄目
頭皮ケアの主な役割は健康的な毛髪をキープすることにあります。頭髪に潤いがなくパサパサしてブローしにくくなったり抜け毛が増え始めるなど、大勢の方が頭髪のトラブルを持っているのです。
銀座カラー3回
現代を生きる私達は、1日毎に体内に溜まっていく凶悪な毒を、たくさんのデトックス法を試して出し、藁にも縋る想いで健康体になろうと皆必死になっている。
本国の美容外科の経歴の中で、美容外科が「正当な医療分野」との認識と地位を手中に収めるまでに、想像以上に長い年月を要した。
慢性的な寝不足は人の肌にはどういう悪影響を与えるかご存知ですか?その答えのひとつは肌のターンオーバー(新陳代謝)が遅れること。正常なら28日毎にある皮膚の入れ替わるスピードが遅れやすくなります。
多くの女性に親しまれているピーリングとは、役目を果たしてしまった要らない皮膚を専用化粧品などでピール(peel: はぎ取るの意味)することにより、新しいキメの細かい皮膚(表皮)に入れ替え、新陳代謝を促す人気の美容法なのです。
内臓の元気具合を数値で見ることができる素晴らしい機械があります。『ノイロメーター』という名前の機械で、人間の自律神経の状態を数値化して、内臓の問題を確認しようという汎用性の高いものです。
肌の若さをキープするターンオーバー、要するに肌を入れ替えることが出来る時間帯は実は限定されていて、それは夜半に眠っている時だけです。
肌の奥底で生まれた肌細胞は時間をかけてお肌の表面へと移動し、行く行くは肌表面の角質となって、約一カ月後に自然にはがれ落ちます。これこそが新陳代謝の正体です。
顔の加齢印象を高める中心的な誘因のひとつが、歯の”蓄積クスミ”です。歯の外側には、目には見えないくらい小さな凹凸があり、毎日の暮らしの中でカフェインなどによる着色や煙草の脂汚れが蓄積しやすくなります。
浮腫む原因は色々ありますが、気圧など気候の影響も少なからずあるってご存知ですか。暑くなりたくさん水を飲み、汗をかく、この季節にむくむ因子があります。
美容とは、化粧や整髪、服飾などの方法でもって容姿、容貌を更にきれいに見せるために形づくることを指す。なんと江戸時代には化粧(けわい)と同じように使われていたという記録が残っている。
美容外科(cosmetic surgery)は、要は外科学の中の一つであり、医療としての形成外科学(plastic surgery、plastic…形を作るの意)とは異質のものだ。また、整形外科学(orthopedic surgery)と早とちりされがちであるが全然違う分野のものである。
外見を整えることで精神が元気になり余裕ができるのは、顔面に悩みを抱えている人もいない人も同じです。私はメイクアップを自分の内側から元気になれる最善の技術だと考えているのです。
意識していなくてもモニターに集中してしまって、眉間に縦じわを作り、更にへの字口(余談ですが私は別名「富士山ぐち」と名付けました)なのではありませんか?これはお肌の大敵です。